文書管理システム ASTRUX2.0 文書管理システム「ASTRUX2.0」でオフィス文書やISO文書の電子化を。
ドキュメントの一元管理、検索、セキュリティ対策、ワークフロー申請など、文書管理に関わる様々な業務を効率化します。

トップページ > 機能紹介 > セキュリティ > セキュリティ持出制限機能

セキュリティ持出制限機能

持出制限機能とは

PDF文書、DocuWorks文書をASTRUX上でのみ参照可能とし、ダウンロード参照禁止や印刷を制限できる機能です。
持出による情報漏えいのリスクを減らし、よりセキュリティの高い文書管理が実現できます。

持出制限機能の特長

  • 持出制限ファイルは、ASTRUX上では参照可能ですが、ダウンロードを制限し、ブラウザキャッシュなどに残ったダウンロードファイルも参照することができません。安易なデータコピーを防ぎます。
  • 印刷許可はアクセス権により制御が行えます。紙文書での持出も防止します。
    例)読み取りのみの権限者は印刷不可、書込み権限者は印刷許可等。
  • 持出制限は、タブ毎の全ての文書に指定、もしくは発行時に指定等設定が可能です。
    例)機密性の高い文書を格納しているタブは全てに制限をかけ、 持出可能な文書は発行時指定し制限しない等、扱う文書に沿ったセキュリティ管理が可能。
  • タブ毎に持出制限を設定する場合は、すでに登録済ファイルを持出制限にする事も可能です。
  • 透かし設定や印刷ログの記録も対応(PDFのみ)
  • フッタに文書識別情報の挿入が可能(DWのみ)

機能

  PDF持出制限 DW持出制限
持出制限の利用
タブ毎指定
可能。
登録済ファイルの持出禁止設定可能
(過去版、関連文書含む)
可能。
登録済ファイルの持出禁止設定可能
(過去版、関連文書含む)
持出制限の利用
発行時(登録時)指定
発行時に持出制限指定の有無が可能 発行時に持出制限指定の有無が可能
参照用ファイルの
作成タイミング
登録時もしくは参照時 参照時
持出時のメッセージ表示 任意のメッセージを指定可能 パスワード入力画面
印刷制御 アクセス権による印刷許可指定可能。
透かしの設定やログの記録可能。
アクセス権による印刷許可指定可能。
文書識別情報 (なし) フッタに識別文字挿入、
閲覧日挿入可能
不正参照時の処理 システム音、メッセージ表示、
エラーページへ遷移、終了
の選択可能
(なし)

制限

  PDF持出制限 DW持出制限
ブラウザ IE、FireFox、Safari IE、FireFox
OS Windows、Mac Windows
条件 AdobeReaderを利用して、
PDFをブラウザ内で表示する設定で利用
プラグインのインストール

各変換オプションを利用することで、Officeファイルの持出制限に対応

製品ご利用中のお客様

運用に関するご相談・ご質問はこちら