文書管理システム ASTRUX2.0 文書管理システム「ASTRUX2.0」でオフィス文書やISO文書の電子化を。
ドキュメントの一元管理、検索、セキュリティ対策、ワークフロー申請など、文書管理に関わる様々な業務を効率化します。

トップページ > 機能紹介 > セキュリティ

セキュリティ

より一層のセキュリティ強化で、企業のリスクマネジメントを強力にサポート。

ASTRUX2.0ではセキュリティのより一層の強化を図っています。
アクセス権設定によるユーザー単位での参照・編集管理はもちろんのこと、「誰が」「いつ」「何を」したのかが一目瞭然のログ管理機能等で、企業のリスクマネジメントを強力にサポートします。

【新機能】 PDF文書・DocuWorks文書 持出制限機能

PDF文書・DocuWorks文書の持出制限機能、ダウンロード参照禁止や印刷制限を新機能として追加しました。
PDF変換オプション・DocuWorks変換オプションと併用することで、ASTRUXでよりセキュリティの高いドキュメント管理を実現できます。

持出禁止機能、透かし設定・ログ機能(PDF)、文書識別情報の挿入(DW)など

アクセス権の管理

ASTRUX2.0では、タブ・フォルダ・ファイル毎や、ユーザー単位・グループ単位で細かくアクセス権を設定することが可能です。
必要な情報、必要な操作メニューのみの表示で、閲覧・操作が可能な範囲をユーザーごとに明確にすることができます。

アクセス権について

アクセス権は「RWD権」「RW権」「R権」「アクセス権なし」の4種類あります。

RWD ファイル・フォルダの削除・編集が行えます。
RW ファイル・フォルダの編集は行えますが削除はできません。
R ファイル・フォルダの閲覧は行えますが、削除・編集はできません。
R- ファイルの情報は確認できますが、実ファイルの閲覧はできません。
なし アクセス権がない場合は、タブ・フォルダ・ファイル・編集操作画面は非表示となります。

操作ログの管理

ASTRUX2.0は、ファイルやログイン等のアクセス履歴閲覧機能と、ログのCSV出力機能を備えています。
お客様の目的に応じて管理(監視)することが可能のため、不正アクセスの防止につながります。

ファイル・フォルダ操作ログ

ファイル・フォルダ操作履歴の閲覧とファイル出力が行えます。
ログは期間やグループ・ユーザー名、特定のキーワードで検索でき、検索結果をCSVファイルとしてダウンロードすることが可能です。

閲覧可能な操作履歴
  • ファイル登録
  • バージョン追加
  • 発行(新規申請)
  • 発行(改訂申請)
  • 移動(公開申請)
  • 編集(チェックイン)
  • 移動
  • 削除
  • 削除(削除申請)
  • ファイル参照
  • 属性変更
  • アクセス権変更
  • 【管理側】承認履歴編集


管理操作ログ

ログイン・ログアウト履歴、ユーザー・グループ・属性管理履歴の閲覧とファイル出力が行えます。
ログは期間やステータス、グループ・ユーザー名等で検索でき、検索結果をCSVファイルとしてダウンロードすることが可能です。

  • ※蓄積した操作ログは一括削除、または一括出力することが出来ます。
  • ※ログファイルはASTRUX の画面よりアクセスされた操作ログを保持するものです。

PDFファイルのセキュリティ強化

PDFファイルで持出制限を適応している場合は、下記セキュリティが利用できます。

  • ユーザー権限による持出制御
  • ユーザー権限による印刷制御
  • 印刷時のログ記録
  • 印刷時の透かし設定

DocuWorksファイルのセキュリティ強化

DocuWorksファイルは下記セキュリティが利用できます。

  • R権限者へは、印刷、転載を禁止したDocuWorks文書として表示する。
    (※DocuWorksのセキュリティ設定を使用)
  • 文書の参照毎に、DocuWorks文書のフッターにシリアル番号を自動挿入する。

シリアルはログに記録されるので、流出したファイルが誰が取得したか追跡が可能です。


ユーザーパスワードの強化

ユーザーパスワードの有効期限設定・文字数・文字種類を設定することができます。

ユーザーパスワードに設定可能な項目
  • パスワード文字記号文字数
  • パスワード文字数字文字数
  • パスワード最低文字数
  • パスワード有効期限日数


セキュリティに準じたSSLの対応

ASTRUX2.0は、SSLに対応しています。

データベースのバックアップ対応

ASTRUX2.0は、データベースの「手動バックアップ」「自動バックアップ」機能をご用意しています。
バックアップしたデータから、過去の環境を復元することが可能です。

データベースの手動バックアップ

ASTRUX のデータベース(Microsoft SQL Server)のバックアップ(※)を手動で行うことができます。
管理画面より実行すると、指定したフォルダにバックアップファイルが格納されます。

  • ※バックアップ先のフォルダは変更可能です。
  • ※管理している文書の実体(ファイル)は、バックアップされませんのでご注意ください。

データベースの自動バックアップ

ASTRUX のデータベース(Microsoft SQL Server)のバックアップ(※)を、毎日設定したスケージュール(時間)に自動で行うことができます。 設定した時間になると、指定したフォルダにバックアップファイルが格納されます。

  • ※バックアップ先のフォルダは変更可能です。
  • ※ 管理している文書の実体(ファイル)は、バックアップされませんのでご注意ください。

ご注意ください
ASTRUXのバックアップ機能は、データベース内部(属性、アクセス権、システム設定情報など)だけを対象としています。よってASTRUXデータ領域(ファイルやフォルダの実体)は、バックアップの対象外になります。
ASTRUXデータ領域とデータベースを含めた、総合的なスケジュールバックアップには、バックアップ用ソフトウェアをご利用ください。


製品ご利用中のお客様

運用に関するご相談・ご質問はこちら