文書管理システム ASTRUX2.0 文書管理システム「ASTRUX2.0」でオフィス文書やISO文書の電子化を。
ドキュメントの一元管理、検索、セキュリティ対策、ワークフロー申請など、文書管理に関わる様々な業務を効率化します。

トップページ > オプション製品 > Apeos連携オプション

Apeos連携オプション(富士フイルムビジネスイノベーション製複合機)

富士フイルムビジネスイノベーションAeosPortシリーズとの連係で、紙文書をダイレクトに格納「Apeos連携オプション」

機能

タッチパネルからのワークフロー申請

ApeosPortから直接ASTRUXのワークフロー申請を行うことができます。

ApeosPortでスキャニングした紙文書を、申請ファイル、添付ファイルとして、ワークフロー申請を行います。

1. ApeosPort用に登録したASTRUXの申請ルートを選択して、ワークフロー申請を行います。


2. ワークフロー申請をボタンとして割り付けることができるようになりました。(新機能)
ApeosPort画面から非常に少ない操作で、申請を行うことが可能になりました。


紙文書をダイレクトに格納

ApeosPortから直接ASTRUXへスキャニング文書を登録することができます。

1. ASTRUXの文書フォルダを選択して、直接スキャニング文書を登録することができます。
ApeosPort操作ユーザーに権限のあるフォルダのみ表示されます。


2. 登録先フォルダをボタンとして割り付けることができるようになりました。(新機能)
ApeosPort画面から非常に少ない操作で、簡単に登録を完了することが可能になりました。


登録時の属性指定

スキャニング文書の登録時に、属性を指定することが可能になりました。


文書ボックス



文書ボックス機能

ASTRUXで利用するドキュメントをApeosPortでスキャニングして、ASTRUX内に一時保存することができます。
一時保存された文書は、ワークフローの申請文書や添付文書として利用します。


スキャニング機能

登録するファイル名は直接入力の他に、日付による自動入力とファイル名指定による自動入力を選択する事ができます。

  • フォーマット(PDF形式、DocuWorks形式、マルチページTIFF形式)
  • 両面原稿(片面、両面(左右綴じ、上下綴じ))
  • 画質(200dpi、300dpi、400dpi、600dpi)
  • カラーモード(自動、カラー、グレイスケール、白黒)

スキャンを行なうと、文書のプレビュー画面に遷移します。
プレビュー画面で、文書の回転(全体、個別に)を行い、向きを揃えて登録する事ができます。
また、保存文書のサイズ変更も可能です。


動作環境・販売価格

動作環境 ASTRUX 2.0(2.00.0003以上)が動作している環境
連携が可能なApeosPortシリーズ
(最新機種にアップデートする)
富士フイルムビジネスイノベーションAeosPort (外部アクセス機能付)
販売価格 価格ページをご覧ください。

※その他の機種についてはお問い合わせください。

ApeosPort-Ⅴご利用の際の注意事項
富士フイルムビジネスイノベーション社のApeosPort-Ⅴをご利用の際には、Apeosの設定を下記に変更してご利用ください。
仕様設定>Webブラウザ設定>外部アクセスバージョンの設定 にて「V4」を選択してください。
初期設定では「V5」になっている場合がございます。
V5バージョンへの正式対応までは、V4バージョンにてご確認お願いいたします。

製品ご利用中のお客様

運用に関するご相談・ご質問はこちら